ホーム > 日本動物細胞工学会シンポジウム45

日本動物細胞工学会シンポジウム45

第45回動物細胞工学シンポジウム開催のご案内

「食品機能研究のフロンティアー脳腸相関を中心にして」というテーマで第45回動物細胞工学シンポジウムを開催します。久しぶりの対面式にて開催致しますが、今後の感染状況の悪化によってはオンラインの併用も検討しております。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

主 催: 日本動物細胞工学会
日 時 : 20221215日(木)13001650
場 所 日本橋ライフサイエンスビルディング 912/913会議室
東京都中央区日本橋本町2丁目3−11 日本橋ライフサイエンスビルディング9F

(アクセス:東京メトロ鉄銀座線・半蔵門線 三越前駅A6 出口より徒歩約3分/JR 総武快速線 新日本橋駅5 番出口より徒歩5分/JR 山手線・京浜東北線・中央快速線 神田駅東口より徒歩15 分)

昭和通り側からビルに入り、エレベータで9階までお上り下さい。

オーガナイザー: 片倉  喜範(九州大学大学院農学研究院)
参加費:
[会員・学生]シンポジウム(無料)
[非会員]シンポジウム(5,000円)

※団体会員に所属している企業の社員の方は、団体正会員にお申込みなされていなくとも学会会員としてご参加できます。 団体会員企業につきましては、こちらよりご確認ください。

申 込:以下のフォームからのお申し込みをお願い致します。

申込締切:2022年12月7日(水)まで12月12日(月)まで延長致しました。

シンポジウム当日の参加受付も承ります。
非会員の方は会場で現金でお支払い頂きますようお願い申し上げます。

お問い合わせ先:日本動物細胞工学会事務局
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
E-mail: jaact@asas-mail.jp


プログラム(敬称略)

第45回動物細胞工学シンポジウム
「食品機能研究のフロンティアー脳腸相関を中心にして」
13:00〜13:10 開会挨拶
大政 健史(JAACT会長/大阪大学)
片倉 喜範(九州大学)
13:10〜13:50 講演1「腸から脳へ、見えてきたビフィズス菌MCC1274による認知機能改善作用の可能性」
清水 金忠(森永乳業株式会社 研究本部基礎研究所)
13:50〜14:30 講演2「L. パラカゼイ・シロタ株のストレス緩和および睡眠の質改善作用」
権藤 祐輔(株式会社ヤクルト本社 中央研究所)
14:30〜15:10 講演3「乳由来ペプチドβラクトリンと熟成ホップ由来苦味酸の認知機能改善効果」
綾部 達宏(キリンホールディングス株式会社 キリン中央研究所)
15:10〜15:20 休憩
15:20〜16:00 講演4「食後の生体調節機能における<胃腸膵ホルモン・求心性迷走神経・脳>軸の役割」
岩崎 有作(京都府立大学大学院生命環境科学研究科)
16:00〜16:40 講演5「食品による腸脳相関活性化のメディエーターとしてのエクソソーム」
片倉 喜範(九州大学大学院農学研究院)

PAGE TOP

お問い合わせ

〒112-0012 東京都⽂京区⼤塚5-3-13 ユニゾ⼩⽯川アーバン4階
一般社団法人 学会支援機構内 日本動物細胞工学会事務局
TEL: 03-5981-6011 FAX: 03-5981-6012 E-mail:

Copyright © 2018 JAACT All Rights Reserved.

日本動物細胞工学会