ホーム > 学会について

学会について

会長就任のあいさつ

日本動物細胞工学会会長 高木 睦
(北海道大学)

2017年4月から当学会の会長を拝命致しました高木です。 会則冒頭にあるように本学会の目的は『動物細胞工学の進歩と普及を図る』ことですが、その技術や研究の内容は時とともに変化してきました。
例えば、1980年代の動物細胞培養による物質生産ではインターフェロンなどの少数の生産物のみが想定され、技術的にも『微生物培養のマイナーチェンジによる動物細胞培養への対応』との傾向がありました。しかし、2000年代に入り抗体医薬の出現とともに動物細胞工学の重要性が増しただけでなく、『大幅なスケールアップ』、『シングルユース』はては『連続化』まで技術や研究のテーマとして議論されるようになりました。また初代細胞の医療応用に限定するとほぼ『ハイブリッド型人工肝臓』だけだったのが、『各種幹細胞活用の細胞医薬』、それに伴った『CPCやロボット』、『細胞品質評価技術』などと動物細胞工学の分野そのものも拡張されてきました。
一方、食品の機能性研究が1990年代から開始され、それらの成果は特保を代表とする機能性食品として結実してきましたが、その過程で食品の機能性を、培養動物細胞を利用した実験系で検定する研究が盛んに行われ、食と健康をめぐる研究・開発における培養動物細胞の意義も大きく変遷してきました。食品研究においてはヒトでの作用を最終目的とするため、実験動物での検証が重視されることが多いですが、そこに至る過程で動物細胞培養技術が果たす役割は今後もますます重要になっていくと予想されます。
今後もおきるだろうこのような変化を、動物細胞技術に関わる方々が一喜一憂することなく冷静に見極め、技術開発や研究の方向を定めるための環境、すなわち会員間の情報交換を整えることが当学会の大事な役割だと感じています。
もちろん、動物細胞工学の継続的発展のためには、会員同士の結束と切磋琢磨、および若手の活動奨励も重要と考えています。

具体的には、以下の4つの重点実施項目を挙げたいと思います。

【会員間の情報交換】

  • 会員の皆様が気軽に読みやすいメールニュース方式のニュースレターを開始するとともに、読みたい欲しい情報が満載の中身に変えていきます。
  • 動物細胞工学のトレンドもグローバルに変化します。そういった国内外の研究トレンド情報を会員間で共有化すべく、国内のシンポジウムだけでなく、欧米やアジアとの様々なかたちでの交流も進めていきます。

【会員同士の結束と切磋琢磨】

  • 会員間の自由な組み合わせと発想での外部に向けたプロジェクト提案を推奨します。

【若手の活動奨励】

  • 5歳毎に年齢層を区切ると、25-29, 30-34, 35-39歳の会員はそれぞれ全会員中の2~9%以下と少ないが、40-44, 45-49, 50-54, 55-59, 60- の年齢層はいずれも12-22%と多いというデータがあります。この偏りを修正すべく、若手会員を活性化するとともに、若手会員数を増やす試みを行います。

会員の皆様のご協力と動物細胞工学にご関心のある方々のご参加をお願い申し上げます。

日本動物細胞工学会の目指すもの

先端と産学共同、国際と学際、企業活動を援助する、実用重視のユニークな学会

行事

国際会議(International and Annual Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology)

秋に世界中の動物細胞工学研究者を集めて開催(1998年より偶数年秋に開催)

  • 1988年 第1回年会(東京)
  • 1989年 第 2回年会(筑波)
  • 1990年 第 3回年会(京都)
  • 1991年 第 4回年会(福岡)
  • 1992年 第 5回年会(大宮)
  • 1993年 第 6回年会(名古屋)
  • 1994年 第 7回年会(オランダ)ヨーロッパ動物細胞工学会(ESACT)と共同開催
  • 1995年 第 8回年会(飯塚)
  • 1996年 第 9回年会(横浜)
  • 1997年 第10回年会(名古屋)
  • 1998年 第11回年会(京都)ESACTと共同開催
  • 2000年 第13回年会(福岡)
  • 2002年 第15回年会(府中)
  • 2004年 第17回年会(名古屋)
  • 2006年 第19回年会(京都)
  • 2008年 第21回年会(福岡)
  • 2010年 第23回年会(札幌)
  • 2012年 第25回年会(名古屋)
  • 2014年 第27回年会(北九州)
  • 2016年 第29回年会(神戸)
  • 2018年 第31回年会(つくば)

国内大会(日本動物細胞工学会大会、JAACT)

夏に国内の会員を集めて開催(1999年より奇数年夏に行っている)

  • 1991年~1993年第1~3回大会(東京)
  • 1994年 第 4回大会(京都)
  • 1995年 第 5回大会(山形)
  • 1996年 第 6回大会(東京)
  • 1997年 第 7回大会(東京)
  • 1999年 第12回年会(東京)
  • 2001年 第14回年会(京都)
  • 2003年 第16回年会(大阪)
  • 2005年 第18回年会(東京)
  • 2007年 第20回年会(群馬)
  • 2009年 第22回年会(つくば)
  • 2011年 第24回年会(東京)
  • 2013年 第26回年会(福井)
  • 2015年 第28回年会(仙台)
  • 2017年 第30回年会(松山)
  • 2019年 第32回年会(鹿児島)

動物細胞工学シンポジウム

年数回開催

  • 2000年2月 第1回「人工皮膚の開発と実用化の現状」(川崎)
  • 2000年7月 第2回「動物細胞による医薬生産の現状‐日本の動物細胞の成果と今後‐」(名古屋)
  • 2000年7月 第3回「遺伝子組み換え家禽による有用タンパク生産」(名古屋)
  • 2001年2月 第4回「次世代医薬としてのモノクローナル抗体の臨床展開」(東京)
  • 2001年7月 第5回「創薬基準となるヒト臓器代替培養細胞系の開発」(京都)
  • 2001年7月 第6回「動物細胞による医薬生産の現状(第2弾)‐日本の動物細胞工学の成果と今後‐」(京都)
  • 2002年7月 第7回「プリオン研究の最前線」(東京)
  • 2002年9月 第8回「老化の科学」(京都)
  • 2003年4月 第9回「バイオ医薬品における製造法変更の諸問題」(東京)
  • 2003年6月 第10回「食物アレルギーの現状と展望」(大阪)
  • 2003年11月 第11回「動物細胞を利用したバイオ医薬品製造の現状と課題」(東京)
  • 2005年5月 第12回「組換えタンパク生産系の最前線」(東京)
  • 2005年11月 第13回「創薬・医療を指向する肝細胞研究の今日」(東京)
  • 2006年8月 第14回「動物細胞及び水の医療への応用と最先端糖尿病研究」(東京)
  • 2007年3月 第15回「組換えタンパク生産系の最前線‐第2弾実用段階と研究開発‐」(東京)
  • 2007年7月 第16回「バイオ医薬品製造におけるプロセスと品質」(高崎)
  • 2007年10月 第17回「化粧品の安全性・機能性評価の最善性」(東京)
  • 2008年3月 第18回「バイオベンチャーの企業戦略‐再生医療及び評価試験関連分野‐」(東京)
  • 2008年6月 第19回「再生医療/細胞治療関連の事業化、最前線」(八王子市)
  • 2008年8月 第20回「セルエンジニアリングの新しい展開-可視化とレーザー技術の応用-」(東京)
  • 2009年6月 第21回「グローバルへの挑戦~バイオ医薬品の生産系・プロセス開発・製造技術~」(東京)
  • 2009年10月 第22回「In vitro安全性・機能性評価及び作用メカニズム・新規物質探索研究の最前線-今、動物細胞培養評価系が熱い!-」(東京)
  • 2010年6月 第23回「細胞機能の基礎的解析の最前線~物質生産との接点を探る~」(東京)
  • 2011年1月 第24回「糖タンパク質生産における糖鎖工学/糖鎖構造解析の新展開」(東京)
  • 2011年5月 第25回「食品送達研究の最前線-モデル構築と機能解析-」(東京)
  • 2012年1月 第26回「バイオ医薬品生産のこれから - 多彩な切り口で今後を占う-」(東京)
  • 2012年6月 第27回「細胞表面の理解と応用」(東京)
  • 2013年1月 第28回「バイオ医薬品のグローバル開発と多様なCMC戦略を考える」(東京)
  • 2013年5月 第29回「独創的な機能性食品プロジェクトの創出」(東京)
  • 2013年9月 第30回「バイオ医薬品の物理化学特性解析」(東京)
  • 2014年2月 第31回「細胞のストレス対応とその機能性/安全性評価及び物質生産への応用」(東京)
  • 2014年6月 第32回「日本のバイオ医薬品開発を支える先端技術」(東京)
  • 2014年9月 第33回「食と健康」(徳島)
  • 2015年5月 第34回「再生医療の近未来~どこまでできるか?どこまで届くか?~」(東京)
  • 2016年1月 第35回「バイオ医薬品の物性と免疫原性」(東京)
  • 2017年3月 第36回「次世代が創り上げる三次元組織構築・測定・品質管理を考える」(東京)
  • 2017年10月 第37回「ヒト幹細胞の大量培養 ~細胞治療薬の実用化を目指して~」Scalable expansion of human stem cells for cell therapeutics development(東京)
  • 2018年3月 第38回「細胞培養技術の今」(大阪)

日本動物細胞工学会会則・日本動物細胞工学会細則・日本動物細胞工学会奨励賞および技術賞選考規定

日本動物細胞工学会会則

(平成3年1月10日設立総会議決)
(平成4年7月9日総会一部変更)
(平成6年7月6日総会一部変更)
(平成7年7月27日総会一部変更)
名称 本会は日本動物細胞工学会(Japanese Association for Animal Cell Technology)と称する。
目的 本会は動物細胞工学の進歩と普及を図ることを目的とする。
事業 本会は前条の目的を達成するため、研究発表会、シンポジウム、講演会、会誌・会報の刊行等を行う。
会員 会員は本会の趣旨に賛同する正会員、学生会員、名誉会員、団体会員からなる。定められた会費を納めた者を正会員、学生会員、団体会員とする。
名誉会員 本会の育成、動物細胞工学の進歩に著しい功績のあった正会員を、評議員会の承認を経て名誉会員とし会費を免除する。
顧問 顧問は動物細胞工学及び関連領域の発展に特に功績のあった者のうち、評議員会の推薦を受け、総会の承認を得て選出される。
役員 本会に次の役員を置く。会長(1名)及び副会長(4名以内)は評議員の互選により選出され、任期は2年とし、再任を妨げない。幹事(庶務、会計、編集、渉外、広報、例会)若干名及び会計監査(2名)は評議員会の承認を得て会長が委嘱する。任期は2年とし、再任は妨げない。会長、副会長、幹事により幹事会を構成する。幹事会は会の運営に関する事項を実施する。幹事会は必要に応じ各種委員会を設置できる。
評議員会 本会に評議員会を置く。評議員の任期は2年とし、再任を妨げない。評議員の選出法は細則に定める。評議員会は役員、評議員により構成され、年1回以上開催される。評議員会は本会の運営に関する諸事項の審議を行う。
総会 総会は年1回以上開催するものとする。
会費の額は細則に定める。会費は前納とする。
会計本会の会計年度は4月1日から翌年3月31日までとする。予算は評議員会の承認を得た後、総会に報告するものとする。決算は会計監査後、評議員会の承認を得、総会に報告するものとする。
付則 会則の変更には総会の出席者の3分の2以上の同意を得なければならない。会則を施行するため、必要に応じ別に細則を設けることができる。細則の決定と変更は評議員会出席者の3分の2以上の同意を得なければならない。

日本動物細胞工学会細則

(平成3年1月10日設立総会議決)
(平成3年9月4日評議員会一部変更)
(平成4年7月9日評議員会一部変更)
(平成5年7月8日評議員会一部変更)
(平成6年7月6日評議員会一部変更)
(平成24年9月3日評議員会一部変更)
(平成29年7月19日評議員会一部変更)

1)会員の入退会は幹事会の承認を必要とする。

2)年会費
○正会員(3,000円)
公的機関に所属する会員
個人会員(公的機関或いは企業の退職者)
海外会員
○生会員(2,000円)
○団体会員(100,000円)
団体会員は団体所属正会員として10名まで登録できるものとする。
但し、原則としてこの内3割は、当該年度39歳以下とする。
○団体会員(30,000円)
資本金またはそれに相当する資産の額が3000万円以下の国内企業或いは個人。上記の条件に当てはまるものは特例として入会後の3年間この条件で入会できる。 団体所属正会員として3名まで登録できるものとする。
名誉会員及び顧問は会費不要とする。

3)評議員選出法
評議員の定員は会員数の1割程度とし、半数は会長推薦により選出され、半数は会員の互選により選出される。 欠員が出た場合、会長推薦により補充できる。

4)選挙管理委員長は会長が現評議員の中から指名する。選挙管理委員長は選挙管理委員若干名を正会員の中から指名する。 選挙管理委員会は役員選挙要項をつくり、選挙事務を行う。選挙要項は幹事会の承認を得なければならない。

日本動物細胞工学会奨励賞および技術賞選考規定

日本動物細胞工学会奨励賞選考規定
Incitement Award of the Japanese Association for Animal Cell Technology

設立
日本動物細胞工学会は「日本動物細胞工学会奨励賞」を設ける。日本動物細胞工学会奨励賞の選考方法については以下の規定によって定める。

第1条 名称:本賞は,日本動物細胞工学会奨励賞と称する。

第2条 目的:本賞は,将来性のある若手研究者の研究を奨励し、本学会の活性化を図ることを目的とする。

第3条 受賞対象:本賞の受賞対象者は,動物細胞工学分野において顕著な業績をあげた者で、当該会計年度の4月1日現在満40歳未満、または独立した研究室を主宰していない者であり、応募時点で会員歴概ね2年以上である者とする。ただし、団体会員の場合は、原則として3名以内の共同研究者のグループ(グループの3名中の少なくとも2名が 40歳未満であること)として応募できる。対象となる研究の内容は、Cytotechnology誌または日本動物細胞工学会主催の大会・シンポジウムに発表されたものとする。原則として、一般会員および団体会員から各2件以内に授与される。なお、受賞者または受賞グループは再度応募できない。

第4条 応募方法:別に定める応募期限までに、推薦状(自薦可)ならびに履歴書、研究概要、研究業績・日本動物細胞工学会への貢献等の目録各1通を学会事務局に提出する。

第5条 選考:別に定める選考細則により審査し、決定する。

第6条 表彰:会長が発表し、賞状ならびに副賞を贈呈する。

第7条 附則:本則の改定は幹事会、評議員会を経て総会で行う。本則は平成16年6月29日より施行する。
選考細則:選考に際して幹事会は、選考委員を選定し、選考委員会を発足させる。選考委員会は内規により定めた選考基準に基づき応募書類を審査し、受賞者を決定する。

日本動物細胞工学会技術賞選考規定
Technology Award of the Japanese Association for Animal Cell Technology

設立
日本動物細胞工学会は「日本動物細胞工学会技術賞」を設ける。日本動物細胞工学会技術賞の選考方法については以下の規定によって定める。

第1条 名称: 本賞は,日本動物細胞工学会技術賞と称する。

第2条 目的: 本賞は,団体会員の業績を称え、本学会の活性化を図ることを目的とする。

第3条 受賞対象: 本賞の受賞対象者は,動物細胞工学分野でインパクトある技術を研究・開発した団体会員とする。対象となる研究の内容については、産業化を必須条件とせず、Cytotechnology誌または日本動物細胞工学会主催の大会・シンポジウムに発表されたものとする。原則として、年間1件に授与される。

第4条 応募方法: 別に定める応募期限までに、推薦状(自薦可)ならびに代表研究者(複数可)の履歴書、研究概要、研究業績・日本動物細胞工学会への貢献等の目録各1通を学会事務局に提出する。

第5条 技術賞選考委員会による推薦: 第4条による応募者の他に、技術賞選考委員会は技術賞候補を推薦することができる。

第6条 選考: 別に定める選考細則により審査し、決定する。

第7条 表彰: 会長が発表し、賞状ならびに副賞を贈呈する。

第8条 附則: 本則の改定は幹事会、評議員会を経て総会で行う。 本則は平成21年7月25日より施行する。
選考細則:
1)技術賞選考委員会委員は会長が委嘱する。2)技術賞選考委員会は、推薦した団体会員に対し応募必要書類提出を依頼する。3)提出された全ての応募書類は、技術賞選考委員会が取りまとめ、幹事会に選考を依頼する。4)選考に際して幹事会は、応募書類を審査し、受賞者を決定する。

JAACT奨励賞および技術賞

日本動物細胞工学会奨励賞
Incitement Award of the Japanese Association for Animal Cell Technology

受賞者
2004年度
「プロモーター活性化による組換えタンパク質高発現動物細胞株の育種」
照屋 輝一郎(九州大学大学院農学研究院)
「バイオ医薬品生産と細胞治療のための新技術の開発-アポトーシス制御工学と、FBS代替因子セリシン」
寺田 聡(福井大学工学部生物応用科学科)
「フコース糖鎖制御による高ADCC活性抗体製造法の開発」
佐藤 光男、大貫(旧姓山根)尚子、森 勝弘 (協和発酵工業(株)東京研究所)
2005年度
「レチノイドによるヒトハイブリドーマの抗体産生増強効果に関する研究」
井上 祐一(北九州工業高等専門学校)
「動物細胞機能の有効利用に関する細胞工学的研究」
西島 謙一(名古屋大学工学研究科)
2006年度
「ヒト末梢血リンパ球を用いた体外免疫法による抗原特異的ヒトモノクローナル抗体の取得」
山下 万貴子(九州大学大学院システム生命科学府)
2007年度
「物理刺激による動物細胞機能の工学的制御法」
小山 純弘 (独立行政法人 海洋研究開発機構)
「複合培養系を用いた腸管上皮機能の細胞工学的解析及び食品機能評価系への応用」
薩 秀夫(東京大学大学院農学生命科学研究科)
2008年度
「カプサイシンのヒト腸管上皮細胞に及ぼす機能性の解析」
韓 畯奎(筑波大学大学院生命環境科学研究科)
2009年度
「テロメラーゼ制御機構の解明とガン抑制への応用」
藤木 司(長崎国際大学)
2010年度
「分泌経路の恒常性維持に機能する亜鉛トランスポーターの同定と解析」
神戸 大朋(京都大学)
「動物細胞培養を利用した「ものづくり」向上と新展開に向けた取組み」
小川 亜希子(鈴鹿工業高等専門学校)
2011年度
「骨代謝を調節する天然生理活性分子の作用解析」
米澤 貴之(東京大学 大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 特任助教)
「緑茶 (Camellia sinensis L.) 浸出液中に含まれる免疫賦活活性成分の探索および作用機序」
物部 真奈美 ((独) 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所 茶業研究領域 茶品質・機能性研究グループ 主任研究員)
2012年度
「医薬品タンパク質生産技術の開発」
河邉 佳典(九州大学大学院工学研究院化学工学部門)
「骨格筋由来筋芽細胞を用いた細胞アッセイ技術の開発と応用展開」
長森 英二(大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻)
2013年度
「動物培養細胞を用いた還元水の生理機能に関する研究」
濱崎 武記(九州大学大学院農学研究院)
2014年度
なし
2015年度
なし
2016年度
「抗体品質制御のための凝集抗体解析と動物細胞培養法の開発」
鬼塚 正義(徳島大学大学院生物資源産業学研究部)
「免疫系に作用する機能性食品成分の探索および作用機序の解明」
西 甲介(愛媛大学大学院農学研究科生命機能学専攻)

JAACT技術賞
Technology Award of the Japanese Association for Animal Cell Technology

受賞者
2009年度
「分裂酵母利用タンパク質生産システム・ASPEXの開発」
熊谷 博道、塚本 洋子、二階堂 清和、東田 英毅(旭硝子(株))
2010年度
「Strategies for transferring a non-platform mAb process to a facility designed for a platform process」
山田 秀成、岡本 浩、田熊 晋也(中外製薬株式会社)
2011年度
「醗酵関連医薬品のプロセス開発とその戦略」
松浦 光高 (アステラス製薬株式会社技術本部生物工学研究所)
2012年度
「CORYNEX®: a novel protein production system for biologicals.」
菊池 慶実、萬年 輝久(味の素株式会社 イノベーション研究所)
2013年度
「畜産物利用の有用性ペプチドとその応用」
佐藤 三佳子、松本 貴之、森松 文毅 (日本ハム㈱中央研究所)
2014年度
「新規抗体作製技術:ADLib®システムの進化と今後の展開」
藤原 正明(株式会社 カイオム・バイオサイエンス)
2015年度
なし
2016年度
「哺乳類細胞タンパク質高発現システムMammalian PowerExpress System®の開発」
西井 重明、山崎 友実(東洋紡株式会社)、大政 健史(大阪大学大学院工学研究科)

PAGE TOP

お問い合わせ

〒112-0012 東京都⽂京区⼤塚5-3-13 ユニゾ⼩⽯川アーバン4階
一般社団法人 学会支援機構内 日本動物細胞工学会事務局
TEL: 03-5981-6011 FAX: 03-5981-6012 E-mail:

Copyright © 2018 JAACT All Rights Reserved.

日本動物細胞工学会