ホーム > 「培養細胞の観察の基本原則」の提案について

「培養細胞の観察の基本原則」の提案について

日本動物細胞工学会 会員各位

今回は、「培養細胞の観察の基本原則」の提案についてまとめ、2018年9月8日付で日本組織培養学会学会誌「組織培養研究」にオンラインで掲載されました。
少し地味な内容ではございますが、良い細胞を培養するためには必要なコンセプトであると思っております。

「培養細胞の観察の基本原則」の提案について

【「培養細胞の観察の基本原則」の提案】
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jtca/37/2/37_123/_html/-char/ja

「今後の予定」
現在、(AMED)再生医療実用化研究事業研究課題平成25〜29年度「iPS細胞の品質変動と実用化を目指した培養技術の標準化(研究代表者:古江-楠田 美保(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所))」の研究事業の成果として、最後の取りまとめであります「多能性幹細胞の培養の留意点」についてまとめているところでございます。 また、オンラインに掲載されましたら、ご連絡させていただきます。

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 ヒト幹細胞応用開発室
招へいプロジェクトリーダー 古江−楠田美保


PAGE TOP

お問い合わせ

〒112-0012 東京都⽂京区⼤塚5-3-13 ユニゾ⼩⽯川アーバン4階
一般社団法人 学会支援機構内 日本動物細胞工学会事務局
TEL: 03-5981-6011 FAX: 03-5981-6012 E-mail:

Copyright © 2018 JAACT All Rights Reserved.

日本動物細胞工学会