ホーム > 第32回 日本動物細胞工学会2019年度大会 (JAACT2019)  特別講演/シンポジウム

第32回 日本動物細胞工学会2019年度大会 (JAACT2019)  特別講演/シンポジウム

Link to:

特別講演/シンポジウム 演題一覧

特別講演

SP-1「オレキシン神経細胞:覚醒状態と自律機能との統合センター」
桑木 共之(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)

SP-2「高分子材料としての多糖」
門川 淳(鹿児島大学大学院理工学研究科 化学生命・化学工学専攻)

シンポジウム1「高付加価値・高品質生産を目指すバイオエンジニアリング」

座長(オーガナイザー):三﨑 亮(大阪大学)、金岡 英徳(名古屋大学)、永野 竜馬(協和キリン(株))、小平 邦彦(中外製薬(株))

S1-1「遺伝子と培養環境で制御する糖鎖構造」
○三﨑 亮(大阪大学 生物工学国際交流センター)
S1-2「動物細胞工学の進展に伴う抗体医薬品生産の現状と展望」
○永野 竜馬(協和キリン(株))
S1-3「ヒトFcγRIII固定化分離剤による抗体医薬品の分離と培養条件最適化」
○寺尾 陽介(東ソー株式会社(株))
S1-4「抗体医薬品の品質と特性解析」
○吉田 麻希(中外製薬(株))

シンポジウム2「細胞から個体を知る」(仮)

座長(オーガナイザー):佐々木 拓哉(東京大学大学院薬学研究科)
楠本(吉田) 郁恵(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)

S2-1
○松尾 直毅(大阪大学大学院 医学系研究科 分子行動神経科学)
S2-2
○宮道 和成(理化学研究所 生命機能科学研究センター 比較コネクトミクス研究チーム)
S2-3
○佐々木 拓哉(東京大学大学院 薬学研究科)
S2-4
○楠本(吉田)郁恵(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 統合分子生理学分野)

シンポジウム3「再生医療を支える基盤材料」

座長(オーガナイザー):桑江 忍 (武田薬品工業(株))、井嶋 博之 (九州大学)、塚本 洋子 (AGC(株))、加藤 竜司 (名古屋大学)

S3-1「発酵技術を用いた再生医療用の成長因子の製造とその品質管理」
〇伊藤 崇敬(味の素(株))
S3-2「化合物による多能性幹細胞制御:安価な培養システムの構築」
〇長谷川光一(京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS))
S3-3「日産化学における再生医療用材料の開発」
○西野 泰斗(日産化学(株)生物科学研究所医療材料グループ)
S3-4「微細加工容器を用いたサイズ均一かつ高効率な3次元スフェロイド培養によるiPS細胞の分化」
○三輪達明(AGC(株)電子カンパニー技術開発本部開発企画部)
S3-5「iPS由来分化細胞」
○竹田康弘(富士フイルム和光純薬(株)培養試薬開発部)
S3-6「Engineered T-Cellの製造へのヒトFibronectin Fragmentの応用と細胞加工用原料としての製造・品質管理」
○小代俊浩(タカラバイオ(株))

シンポジウム4「免疫系を調節する分子と技術」

座長(オーガナイザー):橋本 雅仁(鹿児島大学大学院理工学研究科化学生命・化学工学専攻)

S4-1「自然免疫による抗酸菌脂質の認識と応答」
○原 博満(鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科)
S4-2「合成低分子TLR7リガンドを用いた新規アジュバントの開発」
○新地 浩之(鹿児島大学大学院理工学研究科化学生命・化学工学専攻)
S4-3「高分子量化技術を活用した効果的なサブユニットワクチン開発」
○宮田 健(鹿児島大学農学部食料生命科学科)
S4-4「高機能化抗体のデザインにむけた部位特異的化学修飾法」
○伊東 祐二(鹿児島大学大学院理工学研究科生命化学専攻)

問い合わせ先:JAACT2019大会実行委員長 亀井勇統(鹿児島県立短期大学)
E-mailアドレス:jaact2019@jaact.org

PAGE TOP

お問い合わせ

〒112-0012 東京都⽂京区⼤塚5-3-13 ユニゾ⼩⽯川アーバン4階
一般社団法人 学会支援機構内 日本動物細胞工学会事務局
TEL: 03-5981-6011 FAX: 03-5981-6012 E-mail:

Copyright © 2018 JAACT All Rights Reserved.

日本動物細胞工学会